イベントやキャンペーンなど最新情報をいち早くお届けします 現場ブログ

HOME > 現場ブログ

八戸ヤネカベプラザの現場日誌・現場ブログ 記事一覧

青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、八戸ヤネカベプラザ

軒天の必要性l青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、八戸ヤネカベプラザ

こんにちは! 青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、八戸ヤネカベプラザ 蟹沢です。 今日は風が冷たく強いですね! 雪予報がちらほら出ていますから気を付けてくださいね!   さあ、今回は『軒天』についてです。 軒天とはどこの部分のことかわかりますか? 外壁部分に接しているちょっと雨宿りができるような部分がありますよね。 これが軒天と言われています。 この部分も塗装が必要になりますが、塗装工事を行う際に一緒に塗ってもらうことが多いと思います。 この軒天にはとても重要な役割があるんです。   1.美観性の向上 まず見た目です。 最近の住宅には軒天が付いていないものもありますが、軒天を付けることによって落ち着きのある雰囲気が出ます。 また、和風な雰囲気にするために化粧垂木をつけることも出来ます。   2.外壁の劣化防止 軒天が無い場合、雨水や太陽光は防がれることなく外壁に当たってしまいます。 しかし、軒天があるとそれらから守ってくれるのです。また、軒の出が長いとその分範囲も大きくなります。   3.延焼防止 隣や近くで火災が起きた際に、不燃性の材料を使用していると炎の広がりを軽減させることが出来ます。   4.屋根裏の換気 軒天を見てみると、穴の空いたものとそうでないものがあります。 これは屋根の内部を換気する穴です。 内部は木材がむき出しです。湿気が溜まって腐らせてしまわないように付いています。 穴が空いているものを使用せずに換気を行うことも出来ます。 このように換気口を付けることで換気を行うことも可能です。   いかがでしたか? 家について意外と知らないことが多いですよね。 では次回の更新まで! 青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、八戸ヤネカベプラザ 蟹沢でした。   2020年02月23日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、八戸ヤネカベプラザ

高圧洗浄の必要性l青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、八戸ヤネカベプラザ

こんにちは! 休日をマッサージチェアで寝ることが日課になった 青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、八戸ヤネカベプラザ 蟹沢です。 今回は、「高圧洗浄」についてです。   塗装工事を行う前に、高圧洗浄が必要なのはご存じですか? 塗料を塗る前に屋根や外壁を綺麗にするためです。 言ってしまえば、高圧洗浄をしなくても塗装工事を行うことは可能です! しかし、せっかく塗装をするので、綺麗にしてから工事をして、満足な仕上がりにしたいですよね! そのため、高圧洗浄は塗装を行う際に基本的なもので、とても大切な工程になります。   例えば、フローリングにワックスをかけるときに、髪の毛や埃などがある状態でも行うことは出来ますよね! ただ、ワックスと一緒に固まってしまって、見栄えは悪くなってしまいます。 塗装も原理としては一緒です! 塗れなかったり、剥がれたりすることはありませんが、「高圧洗浄しなくてもできますよ」という業者があったら考えを見直した方がいいかもしれません。   雨が降った際に塗装を行うことは出来ませんが、高圧洗浄は行うことが出来ます! 見栄えや仕上がりに影響してくる大切な工程です。 しっかり覚えておきましょうね!   見積りの依頼だけではなく、聞きたいこと、気になったことがありましたら どうぞ気軽にお問合せください!   以上、青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、八戸ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2020年02月17日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

雨の日の塗装l青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

こんにちは! 青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ  蟹沢です。 立春を過ぎましたがまだまだ寒さが残る日が続いていますね! インフルエンザ等もまだ流行っていますので、気を付けましょう。   今日は、雨の日(雪の日)にどうして塗装ができないのか! なんとなく出来ないであろうことはわかりますが、明確な理由を調べてみました。   まず、塗料は「湿度85%、気温5度以下」では施工することが原則出来ません! 理由としては、 ・乾くのに時間が掛かる ・気温が低いと、缶の中の塗料が凍ってしまい、施工出来ない ・無理に工事をして仕上がりがイマイチになる   外壁を守ってくれている塗膜の仕上がりが悪いと、劣化が早かったり、それに伴って雨水が侵入してきたりと、悪循環になってしまいます。 また、雨の中で工事をするとせっかく塗った塗料が乾く前に流されてしまう可能性があります。   などなど、色々な理由がありました。 ちなみに、雨の日に塗装は出来ませんが、高圧洗浄は行うことが出来ますよ!   塗料は、乾かすことで密着度が上がり剥がれにくくなります! 雨の日に工事ができると言ってきたら注意をしましょう。   いかがでしょうか? みなさんの予想は当たっていましたか? 塗装をする際は塗装の知識をつけると理想の工事が出来ますよ!   以上、青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2020年02月16日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

クリアー塗装l青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、八戸ヤネカベプラザ

こんにちは! 青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、八戸ヤネカベプラザ 蟹沢です。   最近また一気に寒さが厳しくなってきましたね・・・ 先日、知り合いと居酒屋でご飯したときに 好きなものを頼んでいいと言われたので、串盛り、鶏むねのたたき、〆さばを注文したところ 「おっさんだな」と一言・・・ 見た目だけでも若作りしようかなと思いました(T^T)   さて!切り替えまして! 今回は『クリアー塗料』のご紹介です。 クリアー塗料は無色透明な塗料です。 現在の色や柄をそのまま活かしたまま塗装を行うことができます。 塗装工事は、下塗り、中塗り、上塗りと3回塗りをすることが通常ですが クリアー塗装は2回塗りで完了します。 また、何種類もの塗料を使うこともありません。 一層目にクリアー塗装を塗り、2層目もクリアー塗装で上塗りをし完成です。 塗料や手間が少なくなる分費用を抑えることができます。   クリアー塗装は顔料を含んでいません。 そのため塗料が劣化していてもチョーキング現象(チョークの粉に似たものが現れる劣化現象)が発生しません。   レンガ調のサイディングやタイル調などの塗装には通常の塗装よりも値段が高くなってしまいます。 外壁の面積が大きければその分見積金額も上がりますね。 そんなとき、クリアー塗装の存在を知っていると大きいですね! 家を見に来た職人さんや業者の方にクリアー塗装の見積もりをお願いするのもありかもですね。   以上、青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、八戸ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2020年02月09日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

断熱塗料l青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

こんにちは! 青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢です! 先日、健康診断に行ってきました。 身長が伸びていましたが、体重も上がっていました・・・ ここ数年健康に全く気を付けていなかったツケが回ってこないことを祈ります(笑)   さて、今回は『断熱塗料』についてです! まず「断熱塗料」は、熱を遮断する塗料です。 遮熱塗料→太陽の光を遮る 断熱塗料→熱を遮る といった違いがあります。   断熱塗料の耐久年数は15年~20年と言われれおり、代表的な塗料として「ガイナ」という塗料があります。 この塗料はロケット開発の技術を取り入れており、ロケットにも塗れてしまう塗料です。 ロケットにも塗れる塗料をマイホームに塗れるなんてワクワクしますね!   ガイナで様々な実験が行われています。 その実験が、ドライアイスの入った缶を素手で掴むという実験です! 内部温度は-40℃を超えていても素手で掴むことが可能なのです!             他にも、バイクのマフラーに塗布をして素手で触れたり、 ガイナを塗布したフライパンをバーナーで燃やしてもこれまた素手で問題ありません。 これ程までに断熱性の高い塗料は中々ありません。 また、断熱だけではなく、騒音防止や結露防止の性能もあります。   こんな高機能でセラミックをふんだんに使用してるため 値段はかなり高額になってしまいます。 しかし、一度塗ると次の塗り替えをしても機能は維持されます。 遮熱性能は新しく塗る塗料によりますが、効果が落ちてしまいますが、 断熱性能が維持されるのはうれしいですね!   高額にはなりますが、効果が十分に期待できる『断熱塗料』! みなさんのお家にもいかがですか?   以上、青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした 2020年02月07日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

遮熱塗料l青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

みなさん、おはようございます。 青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢です。   本日は遮熱塗料のご紹介です。 遮熱塗料はご存じですか? 知らない方も多いと思いますが、遮熱してくれる塗料になります。 太陽光を反射させることによって室内温度を上げないようにしてくれる機能を持っています。 今回はそんな遮熱塗料を紹介していこうと思います!   遮熱塗料の効果として3つ上げますと 1.室内温度を下げてくれる 太陽光の紫外線を反射させるため、従来の塗料に比べると室内温度を下げてくれます。   2.節電とエコ 室内温度が下がるということは、「エアコンの使用量が減る」「光熱費の削減」など環境にやさしい塗料になります。   3.屋根の損傷を防ぐ 紫外線を反射させるため、従来よりもダメージを受けにくくなります。   以上の3つが遮熱塗料の特徴になります。 当社のショールームに置いている遮熱塗料は 「アレスクールSi」「アレスクールF」の2つです! Siはシリコン、Fはフッ素になります。 遮熱塗料は塗料自体の耐久年数を上げることはありません。 あくまでも従来の塗料の弱点を補う機能がプラスされたと考えるといいかもしれません。 しかし、その弱点を補う機能がとても優秀です! 屋根の温度をなんと-20℃下げてくれるんです! 室内温度としては2~3℃くらい下げてくれます! 大したことないと思うような数字ですが、体感温度は全然違います!   1つ注意することは、遮熱であり、断熱ではないということです。 寒さには他塗料と変わりません。 断熱をしたい方は断熱塗料を使用しましょう。   そして、次回のテーマはその「断熱塗料」になります。 お楽しみに!   青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2020年02月02日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

シリコンvsフッ素l青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

寒い日がまだまだ続いていますね! 皆さん体調は崩していませんか? 寒いですが体を動かして免疫力を上げるのも手段ですよ!   さて今回は、『シリコン塗料vsフッ素塗料』ということで 2つの塗料の耐久年数や価格などを元に対決させようと思います!   まずはシリコン塗料ですが 耐久年数10年 色のバリエーション豊富 コストパフォーマンスが高い   次にフッ素塗料は 耐久年数18年 親水性 高光沢   主に上げられる2つの塗料の特徴です! 耐久年数はやはりフッ素塗料の方が上ですね! その分費用は高くなりますが、施工回数が減ったり、メンテナンスの手間が減ったりしますので長い目で見るとお得になります。 シリコン塗料は、コストを抑えて10年の耐久年数を誇りますので、かなりコスパがいいです。   フッ素塗料は光沢が魅力ですが、光沢がある塗料しかないため、マットに仕上げることは難しくなります。 また、光沢を抑えると耐久性や親水性などの機能が落ちるため、お勧めしません。 シリコン塗料はカラーバリエーションが豊富で希望している色を見つけることができるはずです。   機能として上回っているフッ素塗料ですが、 防汚機能はシリコン塗料もフッ素塗料に引けを取らないということもあります。   長々と説明してしまいましたが、 勝負の結果は・・・ シリコン塗料‼   独断と偏見ですが、やはりコストパフォーマンスの高いシリコン塗料が 勝っているのかな?と思います。   フッ素塗料も高級塗料でとてもいい塗料です! 見積りをもらう際は、何種類かのプランを作ってもらって、 見比べることをお勧めします。   次回は何の塗料を戦わせてみようか模索中です!   以上、青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2020年01月31日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

塗装不要な瓦屋根と見分け方l青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

こんにちは! みなさん、正月気分は抜けましたか? 久しぶりの出勤が少し億劫になっている方も多かったでしょう! 私も最近やっと抜けてきました... 気持ちを切り替えて張り切っていきましょう‼   そんな今日は『瓦屋根について』です。 瓦屋根は知っている方も多いと思います! しかし、瓦屋根に種類があることは知っていますか? 瓦屋根は大きく、金属瓦、スレート瓦、粘土瓦の3種類に分けられます。   粘土瓦 日本家屋などでよく見られる屋根ですね。 粘土で形成し、焼かれた瓦です。 おそらく瓦と言われるとこれを想像するのではないでしょうか? 千年前から建っているお寺の屋根に使われているほど粘土瓦は耐久年数が高く、 遮音、断熱性に長けています。 そしてなんと、塗装が不要なのです! もちろんメンテナンス必要ですが、塗装が不要な屋根は中々ありません!   金属瓦 金属性の屋根材です。 以前はトタン屋根が主流でしたが、近年はそれよりも耐久性のある「ガルバリウム鋼板」が主流です。 重さはなんと和瓦の1/10です! 屋根が軽いと耐震性が上がります! また、和瓦風な金属瓦で葺き替えることも可能です。   スレート瓦 セメントで作られた屋根材になります。 別名「化粧スレート」と呼ばれています。 色や形状が豊富で、加工がしやすく、生産量も多いです。 生産量が多いため、安価。加工がしやすいため、業者も扱いやすい。などといったことから現在最も普及しています。   いかがでしたか? 屋根材についてお話しましたが、粘土瓦のなかにも種類があります。 知らなかったことがどんどん出てくると思いますよ!   青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2020年01月18日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

屋根の種類l青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

新年明けましておめでとうございます。 今年も八戸ヤネカベプラザを宜しくお願い致します。 今年はたくさん食べるだけ食べて、のんびり寝正月を楽しみました‼ 案の定お腹回りと体重が増えていました・・・ 寒さで中々運動することがありませんが、体調に気を付けて冬を乗り越えていこうと思います!   さて、新年一発目のお題は【屋根の種類】についてです! 一つに屋根と言っても、形や素材など様々あります。 今回はよく見る屋根の形から特殊な形をした屋根まで、6つ紹介いたします。   1.切妻屋根      世界的に見られる屋根の形ですね。 2面でシンプルな形状の屋根ですが、雨や雪に強く、ローコストで雨漏りの心配が少ない屋根として知られています。   2.寄棟屋根 寄棟屋根は4方向に屋根面があるため、どの方向から風が吹いても受け流せることが出来ます。 また、4方向で雨や雪を受け止めてくれるため、片面の雨どいの偏って流れる事なく、屋根の雪も分散してくれます。 全ての外壁の上に屋根があるため、自然と太陽光が当たりにくくなりますし、災害から家を守ってくれます。   3.方形屋根 方形屋根は四角錐のような形をした屋根です。 寄棟屋根と構造が似ているため、特徴も似ています。 しかし、方形屋根の方が寄棟屋根に比べて均等に分散されます。   4.片流れ屋根 片流れ屋根は文字通り、片方に流れていくような構造になっています。 敷地の狭い住宅でもよく採用されており、スマートな見た目で人気のある屋根です。 屋根裏部屋も有効活用でき、コストも抑えることができます。   5.陸屋根 屋根がフラットになっている屋根のことです。 傾斜がないため、メンテナンスが楽に行うことができます。 屋上として活用することも可能でスペースを有効活用することもできます。 雪国では雪が降り積もって天井が落ちてしまう可能性があったりと、中々見かけることはありませんね。   6.バタフライ屋根 とても個性的な形をしています。 見た目が蝶々の様ということで名づけられました。 北海道では「無落雪屋根」と呼ばれる、似た屋根があり、雪下ろしの必要のない屋根として広まっています。   知っている見たことのあるものはあったでしょうか? みなさんの家の屋根はどれでしょう! それではまた次回まで!   青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2020年01月11日 更新 詳しく見る