イベントやキャンペーンなど最新情報をいち早くお届けします 現場ブログ

HOME > 現場ブログ

八戸ヤネカベプラザの現場日誌・現場ブログ 記事一覧

青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

八戸の塗装l青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

  こんにちは! メリークリスマスですね! どのようなクリスマスを過ごす予定ですか? 家族と過ごしたり、恋人と過ごしたりと楽しい日をお過ごしください(^^)   さて、今回は八戸の塗装を行う時期などについて書いていこうと思います。 八戸市は青森県のなかでも降雪量が少ないですが、風が痛いほど冷たかったり、11月になると最高気温も一桁になったりと寒い印象ですね。 塗料は「気温5℃以上、湿度85%以下」でないと塗ることが出来ません。 そのため、雪の降る東北地方では10月までに塗装工事を終えるのが望ましいでしょう。 しかし、見積もりを取ることは年中可能ですので、塗装を行えない11月~3月頃までの間に取って、温かくなった春先にすぐ行えるようにしていくといいでしょう。   そのときに、どこに頼めばいいのかわからない方もいると思います。 まず、塗装工事は「足場工事」と「塗装工事」が必要になります。足場が不要の場合もありますので、塗装業者に見てもらう際に確認しましょう。 上記のように、塗装をする場合は2社に連絡をしなければいけません。塗装も足場も相場がわからない方が多いと思いますが、その状態で見積もりを取っても高いのか安いのか分からないですよね。 しかし、八戸ヤネカベプラザへご依頼頂くと、当社で両方の見積もりを計算して提出しますので、お客様の手間を省くことが可能です。 いくつかのプランを作成しますので、比較もしやすく、どんな塗料を使用するか説明も致しますので、安心してご依頼ください。 また、八戸ヤネカベプラザは保証書を発行しています。 工事後のアフターケアも行っておりますので、ここも安心ですね! 塗装に保証が付いているというのは、実はあまり聞くことが少ないです。 お客様に安心して理想の塗装工事を行ってもらえるよう これからも頑張ってまいります。   見積り無料ですので、どうぞお気軽にご連絡ください。 青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2019年12月26日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

塗装を行うメリットl青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

こんばんは! 青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢です! クリスマスですね。 今夜は雪も降ってホワイトクリスマスになりました! 皆さんはどのような夜を過ごされる予定ですか? 私は、ケーキを食べながら晩酌の予定です(笑)   今回は、なぜ塗装が必要なのか! 塗装を行うとどのようなメリットがあるのかなどをテーマにお話ししようと思います。 塗装が必要な理由として ・美観性を整える ・外壁の保護、防水性の維持 ・塗料によっては、遮熱性や断熱性も効果アップ   〇美観性を整える 文字通り「見た目」ですね。今までのカラーとは違う色にすることで雰囲気が変わり、まるで家を買い換えた気分になるかもしれませんね! 〇外壁の保護、防水性の維持 塗装をすることによって家の耐久性が上がります。いつも雨風から守ってくれている屋根や外壁をそのままにしていると、もちろん傷んでいきますよね。 ほとんどの家は木造です。ひび割れている間から雨水が侵入しすると、木材を腐らせてしまいます。悪化すると、雨漏りなどの症状も発生してしまいます。 〇遮熱性、断熱性のアップ 遮熱塗料や断熱塗料を使用することによって、それらの機能がアップします。しかし、遮熱塗料に関しては、太陽光を反射させることにより室内温度を上げにくくしてくれますが、寒さには効果を発揮しません。   いかがでしたか? 塗装を考えている方は、少し知識を身につけると理想の塗装工事を行うことができるでしょう。 塗装に関して何か聞きたいなどある方は、お気軽にヤネカベプラザにお問い合わせください。   以上、青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。   2019年12月25日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

コーキングl青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

こんにちは。 青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢です! 本日2度目の更新になります。 さあ、今回は『コーキング』についてです! コーキングとは一体なんの事なのかさっぱり分からないという方もいるでしょう。       外壁の角や側面にある 外壁のつなぎ目部分を埋めているものです!       プニプニと柔らかい状態ですと問題ありませんが、画像のようにひび割れてしまっていたり、変形していると、そこから雨水が入り、家を傷めてしまうこともあります。そうならないようにコーキングについて知識を身につけておきましょう。   まず、コーキングの打ち替えサインです。 ・ひび割れ 紫外線の影響により、コーキングが劣化し、ひび割れてしまいます。 そのまま放置すると、ひび割れの隙間から雨水が侵入し、家を傷めてしまう可能性があります。 もっと悪化すると雨漏りをしてしまう事もあるため、打ち替えが必要です。           ・破断 ひび割れが広がり、大きく割れてしまっています。 こうなると雨水が大量に侵入してくるため危険な状態です。 早急に対処する必要があります。           ・欠落 コーキングが剥がれ落ち、内部が見えてしまっている状態です。 経年劣化、プライマー不足が考えられます。 非常に危険な状態のため、早急に対処が必要な状態です。           ・剥離 ・変色 ・肉痩せ など様々あります。   コーキング(シーリング)は5~10年が寿命と言われています。 現在の自宅のコーキングの状態はいかがでしょうか? お困り事がありましたら、是非「八戸ヤネカベプラザ」までご連絡ください。   以上、青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。   2019年12月22日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

無機塗料l青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

こんにちは! 青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢です。 今回の紹介は『無機塗料』です。 無機塗料とは、文字通り無機物が含まれた塗料になります。無機物とは、鉱物やガラス、レンガなど炭素を含まないものです。一般的な塗料は石油などの有機物を主成分とした樹脂を使用しています。無機物は紫外線によって劣化しないため、半永久的な耐久性を持っています。 そんな無機塗料の特徴は、 ・高耐久性 経年劣化で見られるチョーキングは、有機物の顔料が使われているために起こります。無機塗料は、その有機物を限りなく少なくしているため、チョーキングが発生しにくくなっています。 無機塗料は塗料の中で最も耐久性があり、20年と言われています。中には30年と言われているものもあり、シリコン塗料と比べると2~3倍の耐久年数となります。60年で見たときに、塗り替え回数がシリコンですと6回に対して、無機ですと3回で済む計算になります。 ・親水性 『ハイブリッド塗料』『フッ素塗料』でも出てきました。水分が膜のように流れ、汚れを洗い流してくれる機能のことです。雨によって塗膜を綺麗に保つことが出来、掃除の手間も省けますね。 ・難燃性 無機物(鉱物やレンガ、ガラスなど)が含まれているため、有機塗料に比べて燃えにくいという特徴があります。 ・変色しにくい 無機塗料は色褪せしにくい特徴があり、塗った色を長期間維持することが出来ます。 ・カビ、コケが発生しにくい 親水性もあり、カビやコケが発生しにくいのも特徴です。   以上が無機塗料の特徴となります。 様々な面で効果を発揮する無機塗料も気を付けなければいけないこともあります。 まず、無機塗料はガラスなどの無機物は含まれているため、塗膜が固く、ひび割れしやすいです。大きな地震が起きた際にひび割れが生じることがあるため、心配な方は、弾性のある無機塗料を使用しましょう。 また、フッ素塗料と同様にツヤ消しがありません。3分ツヤ以上からとなります。   無機塗料にも様々なメーカー、種類がたくさんあります。調べてみるのもいいかもしれませんね。 以上、青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2019年12月22日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

フッ素塗料l青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

こんにちは。 青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢です。 雪も降り、冬本番という雰囲気が出てきましたね。 体調管理に気を付けて冬を乗り越えていきましょう。   さあ! 本日のテーマは『フッ素塗料』です。 これまでいくつか塗料の紹介をしてきました。それらと比較して説明していこうと思います。 まず、フッ素塗料の特徴として ・高耐久性 ・親水性 ・高耐候性 ・高耐熱性 ・高光沢   〇高耐久性 耐久年数が15年~20年と言われているため、一度塗るとしばらく塗り替えの心配はなくなります。 ウレタン塗料ですと約7年ですので2倍以上の耐久年数があります。 〇親水性 前回のハイブリッド塗料でも登場しました。水が膜の様になって流れ、汚れを流してくれる機能です。また、汚れも付きにくい為、綺麗な塗膜を長期間保つことが出来ます 〇高耐候性 フッ素塗料は外壁材への密着度が高く、剥がれにくいです。そのため、紫外線や雨風にさらされても長期間維持することが出来ます。 〇高耐熱性 紫外線を反射させる性質があるため、劣化を防いでくれます。紫外線の影響を受けにくいということは、ラジカルの発生も防げるため、剥がれの抑制にもなります。 〇高光沢 フッ素塗料は光沢が魅力の一つです。親水性も兼ね備えているため、ピカピカの光沢を長続きできます。フッ素塗料は艶ありしかありません。抑えても三分艶以上になります。また、艶を抑えると、機能が低下してしまう事も覚えておきましょう。 おまけ フッ素塗料は有名建造物に使われています。 ◇六本木ヒルズ、東京スカイツリー、横浜レインボーブリッジ、後楽園ホールなど このような有名建造物にも使用されるフッ素塗料です。 他にはどんな建造物に使われていつのか調べるのも面白そうですね。   以上、青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2019年12月21日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

ハイブリッド塗料l青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

こんにちは。 青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢です!   さて、今回のご紹介は「ハイブリッド塗料」の説明です。 ハイブリッド塗料とは、有機塗料と無機塗料を組み合わせた塗料になります。有機塗料と無機塗料の良いとこ取りをした高機能塗料として注目されています。   そんなハイブリッド塗料の特徴は、 1.耐用年数が長い 塗料は紫外線や熱などによって劣化していきます。また、紫外線が当たると「ラジカル」というエネルギーが発生し、塗料が剥がれていってしまいます。その「ラジカル」の発生を抑えてくれる機能が備わっています。そのような塗料を『ラジカル制御型塗料』といいます。 ウレタン塗料では5~7年、シリコン塗料で約10年と言われていますが、ハイブリッド塗料では12年~15年と長持ちします。 2.ひび割れにくい 無機塗料はガラスなどの無機物により塗膜が固く、ひび割れやすくなっていました。しかし、ハイブリッド塗料には有機塗料も含まれているため、弾性が増し、柔軟性がアップしています。 大きな地震が起きた時にも、柔軟性のあるハイブリッド塗料ですとひび割れの可能性を和らげてくれるでしょう。 3.光沢が長持ち ハイブリッド塗料には、「親水性」という機能が備わっているものが多くあります。親水性とは、雨水などが付いたときに、水泡のようにならず、膜のようになって流れます。そのときに、ゴミや汚れの内側を流れるため、清潔な塗膜を維持し、光沢が長持ちします。 4.高耐熱性 先ほど説明したように、無機塗料にはガラスなどの無機物が含まれているため、燃えにくい特性があります。これは、無機塗料が含まれているハイブリッド塗料にも当てはまります。しかし、有機塗料も含まれているため、無機塗料ほどの難燃性は期待できません。とは言っても有機塗料のみのものと比べると燃えにくく、高性能の塗料と呼べるでしょう。   いかがでしょう? 色々な機能のある塗料がたくさんあります。 次回の更新をお楽しみください。 以上、青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした! 2019年12月19日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

シリコン塗料l青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

こんにちは。 最近風が痛いほど冷たくなってきましたね。ちなみに塗装は5℃以下になると行うことが出来ません。覚えておきましょう。 さて、今回は塗料の説明をしていこうと思います。塗料にはかなり多くの種類があり、時期や用途によって使用するものを変えることがあります。 そしてまず、今回ご紹介する塗料は『シリコン塗料』です。 さて、一体どのような特徴があるのでしょうか?   シリコン塗料の特徴 ・高耐候性 ・高防汚性 ・高光沢 ・高温に耐えれる ・コストパフォーマンスが高い ・色の種類が多い   シリコン塗料は一度塗ったら10年ほど持ちますし、カラーバリエーションも豊富です。 また、コストパフォーマンスが良いため人気の塗料となります。 塗料の中には、限られた系統の色が多いといったものもあるため、色が多いのはうれしいですね。 好みの色に出会って理想のお家にすることも可能です。   1液型、2液型とは? 同じシリコン塗料でも、また少し分類されます。 簡単に言うと、1種類の液体で塗れるか、2種類必要かということです。 1液型ですと、そのまま刷毛やローラーで塗ることが出来ます。 2液型ですと、塗料の他に「溶剤」を溶かして塗る必要があります。 また、2液型は水性と油性があり、水で溶かして塗る「水性塗料」とシンナーなどの溶剤を使う「油性塗料」があります。 油性はシンナーなどを用いるため、臭いが水性塗料と比べると強くなってしまいます。   いかがでしょうか? 意外と塗装は奥が深いですね! 簡単でしたが今回は以上です。ありがとうございました。 青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2019年12月16日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

外壁の劣化診断l青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ

こんにちは。 青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢です。 本日は、外壁の劣化診断についてご紹介しようと思います。 外壁塗装の塗り替え時期は10年! 前回お話しした屋根と同じとなります。屋根と外壁の塗装を同じ時期にしておくと、別々に塗らずにいいですね。 1.チョーキング 外壁を手で触ったときに、塗料が手に付きませんか? これは「チョーキング現象」という劣化症状になります。太陽光が外壁に当たるとラジカルというエネルギーが発生します。ラジカルは塗膜内の樹脂を破壊するため、このように塗料の剥がれが見られるようになります。 手軽にできるため、みなさんも一度ためしてみてもいいかもしれません。   2.ひび割れ 外壁のひび割れも塗り替えのサインになります。 外壁にひび割れなんてと思う方もいるかもしれませんが、意外と珍しくない症状なんです。 ひびの程度にも寄りますが、雨漏りや腐食など危険な事態になってしまう可能性もある症状です。 一度、ひび割れの有無を確認してみましょう。   3.汚れ 塗料には汚れが付きにくい性質があります。つまり汚れが付いているということは、塗料が本来の力を発揮していない、劣化しているということになります。汚れが気になりましたら、塗り替えのサインかもしれません。   4.コーキング                 コーキングとは外壁の角などにあるプニプニとした柔らかいものです。それが、硬くなったり、ひびが入っていると傷んでいるサインです。ひび以外にも痩せてしまっていて空洞が出来ているということもあります。雨水が侵入しやすく、腐ってしまう可能性もあります。早急に塗装することをおすすめします。   5.カビ、コケ 防水機能が低下したことにより、カビやコケが発生します。水分や湿気がないと発生しないものが出来てしまうということは、塗り替えのサインです。汚れとは少し違うため、簡単に見つけることが出来るでしょう。   まとめ いかがだったでしょうか?意外と様々な塗り替えサインがあるんです。記載したこともほんの一部です。何か他に分からないことがありましたらお気軽にお電話下さい。 以上、青森県、八戸市、屋根塗装、外壁塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。 2019年12月14日 更新 詳しく見る
青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

屋根の劣化診断l青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ

こんにちは。 青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢と申します。 屋根塗装・外壁塗装専門店として今年5月にオープン致しましたヤネカベプラザから今日は屋根の塗装に関して説明していこうと思います。 みなさん、屋根塗装の目安はご存じですか? ・築10年が目安 屋根塗装は10年に1度が目安になります。塗装の塗り替えが必要ということを知らなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか? いつも私たちを雨や風から守ってくれている屋根も、年数が経つにつれて劣化していきます。次はどのような症状を発見したら塗装が必要なのか、説明していこうと思います。   1.ヒビ 屋根にヒビがあると、そこから雨水が侵入し、屋根を傷めてしまいます。ヒビ割れが一部だったとしても、屋根全体が塗り替えの時期を迎えている可能性があります。   2.サビ サビがあるということは、塗膜が剥がれているということになります。 サビは塗装をする前に除去する必要があり、広範囲に広がっていると費用が上がってしまうため、早めの塗り替えをオススメします。   3.コケ・藻 塗料の機能が落ち、水分を含みやすくなったことによって発生します。 金属の上に水分が長時間あると、サビが発生しやすくなったりと、他の症状を誘発し劣化を早めてしまいます。     まとめ 本日は、劣化症状を3つ紹介致しました。普段あまり気にすることがない屋根だと思いますが、様々なサインがあります。これを機に、一度ご自宅の屋根を見てみるのもいいかもしれませんね。   最後まで読んでくださりありがとうございます。 青森県、八戸市、外壁塗装、屋根塗装、ヤネカベプラザ 蟹沢でした。   2019年12月05日 更新 詳しく見る